お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

オリコンシングルチャートで1位を獲得

秋川雅史 の シングル
リリース 2006年5月24日
ジャンル クラシック
レーベル タミヤノート
チャート順位
1位(オリコン)
2007年1月度月間2位(オリコン)
2007年2月度月間2位(オリコン)

ゴールド等認定
プラチナ(日本)

売上枚数
初動売上 531枚(オリコン)
累計売上 74.6万枚(オリコン)

秋川雅史 年表
千の風になって
(2006年) -
千の風になって』(せんのかぜになって)は、日本のテノール歌手・秋川雅史のシングル。2006年5月24日発売。発売元はタミヤノート。

声楽を専攻する歌手としては稀となる、マキシシングルでの発売で、自身初のシングル作品だそう。
発売以降知る人ぞ知る曲としてじわじわと人気を高めていた。2006年末にNHKの『第57回NHK紅白歌合戦』への出場が内定し、大きな注目を浴びることとなるが、この時点でも楽曲や秋川自身の認知度は低いものであった。

紅白出場内定後、急激にオリコンチャートを駆け上がり、紅白放送前の2007年1月1日付(2006年12月27日発表)で31位まで浮上。紅白では歌唱前にSMAPの木村拓哉が朗読したこともあり、年明け後の翌々週(オリコンチャートでは年始2週を合算週とし、2週分の集計を年始2週目に発表している)には4位を記録し、同年1月22日付のオリコンシングルチャートで1位を獲得した。

1位を獲得した週の推定週間売り上げは29,094枚と、オリコンの週間チャートでも非常に少ない枚数での1位ではあったが、自身初はもちろん、クラシック歌手としても史上初のチャート1位の快挙となった。また、翌週(1月29日付)のチャートでも、勢いをさらにつけ、その約3倍増となる89,994枚を売り上げた。
また、CDには秋川自身の編曲によるピアノ伴奏付きのコーラス譜を封入している。

なお、オリコンではこのCDは演歌チャートでランクインしている。一方で新井満の『千の風になって a thousand winds』は演歌チャートにはランクインしていない。
当初このシングルは発売当初6500枚の生産だったという。