お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

テノールの貴公子

秋川雅史さんは、声力を良くするのに体を鍛えているそうです。例えば、25mプールを息継ぎなしで泳ぎ、それを計600m。その後2kmのランニング、腹筋、背筋、懸垂をし、その後に発声練習をすることが日課となっているそう。

高校ではその声を見込まれて応援団にも臨時に所属していて、高校野球地方予選の応援では、相手チームの観客席までひときわ声が響いたという。
西条祭りには帰省して担き夫として参加している。祭りで歌に悪いこと(酒や大声など)を全てやり尽くすことで、それ以外の日は歌に専念することができると言ってたそうです。

イタリア留学中に舌根扁桃(舌の付け根の扁桃腺)の病気で声に雑音が入るようになってしまい、絶望の時期を経験。日本へ帰国し手術を受け、従来の声を取り戻した。手術は合計3回受けている。
千の風になってに、たどりつくまでには、ものすごい、試練があったのですね。
甘いマスクが女性の人気を呼び「秋様」「テノールの貴公子」と呼ばれることもある。歌いやすさを確保すべく、白いシャツを第2または第3ボタンまで開く姿を自らのスタイルとしている。

大学時代は6年間引越屋でアルバイトをするなど、肉体や体力を使うことが好きであるとテレビ番組にて述べている。
ラテン系の性格のためイタリア留学時もすぐに馴染んだ。また明るいことを好み、部屋の灯りも一番明るい蛍光灯を使っている。